クルミドコーヒー・胡桃堂喫茶店 店主/『ミュージックセキュリティーズ』COO・影山知明さんの選書1〜2

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | クルミドコーヒー・胡桃堂喫茶店 店主/『ミュージックセキュリティーズ』COO・影山知明さんの選書1〜2

2022.07.12

(左から)1. 超訳 報徳記 / 2. エンデの遺言 ─根源からお金を問うこと

1. 超訳 報徳記

江戸時代後期に数々の藩の財政を立て直した二宮尊徳。弟子がその教えを書き残した『報徳記』を、時代背景にも触れるなど現代人にも理解しやすく超訳。経済と道徳を両立させるために必要なことが書かれています。

著者:富田高慶、木村壮次(訳)
出版社:致知出版社

2. エンデの遺言 ─根源からお金を問うこと

ファンタジー作家・エンデによる問題提起や彼が影響を受けた学説を後年まとめた、お金のあり方を問う本。地域通貨やその具体的な使われ方などを紹介し、固定されがちなお金についての考え方を解きほぐしてくれます。

著者:河邑厚徳、『グループ現代』
出版社:日本放送出版協会

photographs by Yuichi Maruya
text by Kentaro Matsui, Reiko Hisashima, Sumika Hayakawa, Ikumi Tsubone, Yoshino Kokubo & Maho Ise

記事は雑誌ソトコト2022年7月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。