名前の間違い

連載 | 標本バカ | 105 名前の間違い

2021.10.24

文章を書く時は人名を正確に書く、これは礼儀作法として重要である。

 まずは前回の訂正から。第百四話で紹介したトウキョウトガリネズミについて、採集者のホーカーの名前を「R. MacDonald Hawker」と紹介したが、その後の調査で「R. Macdonnell Hawker」が正しいことが分かった。僕が前者の名前を書いたのは、この種を記載したトーマスが1901年に執筆した論文において、ミドルネームの「MacDonald」が記述されていたためだ。どうやらトーマスは貴重な標本提供者の名前を間違えたらしい。調べてみると、これら2つのファミリーネームは同一の起源らしいが、本当の名前がわかるとホーカーが1865年英国生まれで1930年にオーストラリアで事故死したことも分かった。これはちゃんと論文にまとめておかなければなるまい。もう少々調査を進めていこう。

 さて、このような「間違いネタ」はいくつか書いてきたので、今回は名前の間違いについて。トーマスは「Hawker」というラストネームを間違えなかったから、トウキョウトガリネズミの種小名「hawkeri」も間違えることはなかったのだが、氏名の間違いから名づけられた学名がある。僕になじみがあるものは、大好きな横浜の貿易商、アラン・オーストンにまつわるものだ。1902年の秋、コペンハーゲンの海洋生物学者、テオドア・モルテンセンは『大英自然史博物館』の友人、ジェフリー・ベルから6個体のウニの標本を受け取った。これらはオーストンが日本で収集したもので、そのうち1つが未記載とわかり、1904年にモルテンセンによってオーストンフクロウニが新種記載された。この論文中でモルテンセンはオーストン(Owston)の名を「Owsten」と間違えており、新種のウニにはその名を捧げて「Araeosoma owsteni」としてしまった。デンマークの動物学者であったモルテンセンには英語圏のファーストネームはなじみがなかったのかもしれない。しかし、彼はこの間違いに後日気がつき、論文が掲載された雑誌の末尾に学名を修正する旨が書かれ、正しい学名の「owstoni」が現在に伝えられている。ささやかな動物学の歴史の一コマである。

 名前の間違いは、オーストンが発見したとして有名なミツクリザメの記載論文にもある。記載者のデビッド・S・ジョーダンはオーストンのファーストネーム「Alan」を「Allen」と間違えている。これらの話は僕がオーストンについてまとめた論文「アラン・オーストン基礎資料」にも記した。白状しよう、その論文中で僕が帝国大学教授の「五島清太郎」を「後藤清太郎」、動物採集家の「折居彪二郎」の名字を「折井」としている箇所があるのだから、本当に恥ずかしい限りだ。

 文章を書く時は人名を正確に書く、これは礼儀作法として重要である。言い訳すると、この論文は川田史上最長の35ページに及ぶもので、いつもよりスペルのチェックが行き届いていなかった。もっと情けないことまで告白すると、執筆に大切な資料を提供してくださった方のお名前や住所の間違いもあって、赤面の至り。お世話になった方を間違って記述することだけはしてはいけない。モルテンセンやトーマスを責めることはできないな。

文●川田伸一郎
題字・金澤翔子
illustration by Fumihiko Asano

かわだ・しんいちろう●1973年、岡山県生まれ。農学博士。国立科学博物館動物研究部研究員。著書に『モグラ博士のモグラの話』(岩波書店)、『モグラ−見えないものへの探求心−』(東海大学出版会)、『標本バカ』(ブックマン社)など。

記事は雑誌ソトコト2021年11月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。