ねえ、これ読める?「梭子魚」3文字でなんと読む…?【読めたらすごい魚漢字クイズ】

ねえ、これ読める?「梭子魚」3文字でなんと読む…?【読めたらすごい魚漢字クイズ】

2021.11.16

「梭子魚」なんて読む?



答え:カマス

答えは「カマス」でした!梭子魚はほかにも「魳」、「梭魚」、「魣」と書くこともあります。梭子魚はスズキ目カマス科の魚です。

三重県の梭子魚

三重県は梭子魚の産地です。三重県ではヤマトカマスとアカカマスがよく漁獲されており、ヤマトカマスのことをクロカマス、アカカマスのことをアラハダと呼ぶこともあり、またどちらのこともカマスと呼ぶこともあるのだそう。どちらも見た目は似ていますが、鱗が大きいもの=アカカマスと判断するほか、第一背びれと腹びれの位置がほぼ同じであればヤマトカマス、腹びれが前に来ているとアカカマスといった見分け方があるそうです。梭子魚は淡白で柔らかい白身が特徴ですが、アカカマスのほうが脂乗りが良く、刺身や寿司ネタ向き、ヤマトカマスは脂が少ない分、干物にすると味が濃くなり、劣化もしにくくなると言われています。

紀北町島勝浦のかます祭

紀北町にある島勝浦では毎年「かます祭」が行われています。この祭りは島勝神社の例祭の日にかますが大量に漁獲され、村を助けたという伝説から由来されていると言います。



今回は「梭子魚」をご紹介しました!

参考:三重県(https://www.pref.mie.lg.jp/index.shtm)
参考:紀北町(https://www.town.mie-kihoku.lg.jp/)