希望ある未来に向けて、みんなの夢とチャレンジを応援する。

希望ある未来に向けて、みんなの夢とチャレンジを応援する。

PR

2023.01.12

東北への移住がテーマのオンラインイベント、「東北暮らし発見塾」。「Fw:東北 Fan Meeting」(フォワード東北ファンミーティング)という、東北のことを知るきっかけをつくり、東北ファンを増やす取り組みの一環で行われています。2022年度の第9回の舞台は宮城県・利府町(りふちょう)。「移住者と共に地域のチャレンジを加速させる」というタイトルで開催され、20名が参加しました。

文化とスポーツを推進し、“遊び”をまちの活力に。

最初に、熊谷大(くまがいゆたか)・利府町長より、インプット・トークとして利府町の魅力や取り組みについてのプレゼンテーションがありました。「利府町には、日本三景の一角をなす『表松島』の海があります。そして特産物は『利府梨』です。利府町は、表松島と利府梨をかけて、“おもてなし”のまちなんです」と、冒頭から笑いを誘う熊谷町長。「利府は自然豊かなところで、交通の便もよく、スローライフと都会暮らしの両方の要素が楽しめるのが魅力です」と話します。

表松島の景勝地、「馬の背」。海に向かって伸びる、約250mの天然の桟橋だ。
写真左から、ファシリテーターを務めた『エイチタス』代表の原亮さん、熊谷大・利府町長、『LIFULL HOME'S 総研』所長の島原万丈さん。

「東日本大震災で被災しましたが、おかげさまでハード面の復旧はほぼ終わりました。これからの復興創生は人間性の回復が中心だと考えています。そのためには文化力が必要です」と熱く語る熊谷町長。利府町では、神事である流鏑馬(やぶさめ)をスポーツとして楽しむ「スポーツ流鏑馬」を推進したり、2021年11月には、宮城県内で35年ぶりとなるJAF(日本自動車連盟)公認のラリー大会  を開催したりと、文化とスポーツに力を入れています。

2021年11月21日に開催された「利府ラリー2021」。「スポーツの町」を掲げる利府町では、モータースポーツの開催にも積極的だ。

さらに、利府町では将来的に市制への移行を目指しています。「利府町の人口は現在約3万6000人なのですが、単独での市制移行には5万人が必要です。人口減少社会においては大きなチャレンジですが、実現に向けて、『みんなの夢がかなうまち』を目指しています」と熊谷町長は力を込めます。利府町では、「暮らす人と町が共にチャレンジしていけるまちづくり」を進めているのです。

利府町では、町民による自主的なまちづくり活動が活発に行われている。

次に、移住者の3人が登場。アクセサリー作家の大宮紗妃(さき)さんは、山形県出身で、夫の実家がある利府町に14年前にやって来ました。「自然が多く、子育てしやすそうな環境だなと思って移住を決めました。人と人との距離が近く、顔が見える関係を築けるのが、この町のよいところです」と大宮さん。子育てが一段落したころから、手仕事としてアクセサリーづくりを行っています。また現在は、カフェ機能のあるコワーキングスペースであり、市民活動の拠点となっている『tsumiki(ツミキ)』のスタッフも務めています。「もともとは、アクセサリーを販売したり、『こ・あきない市』に出品したりと、『tsumiki』を利用する側でした。スタッフになったことで、いろいろな人と関わるようになりましたね。『tsumiki』のオープンから丸6年が経ったので、原点に戻り、一人ひとりを大切にして、それぞれのチャレンジを支援していきたいと思っています」と大宮さんは話します。

「利府町は“関わりしろ”がたくさんあるところで、器の大きさを感じます」と大宮さん。

続いて登場したのは佐藤大輔さん。福島県出身の佐藤さんは、東京でIT系の会社を起業したのち、“地域の中”で子育てができる環境を求めて利府町に移住しました。隣の仙台市で働きながら、利府町内では「利府をおもしろく」をテーマにした『まちおこし支援協力会りふくる』の代表として活動しています。「eスポーツのイベントや異業種交流会を開催したり、フィンランド発祥の『モルック』というスポーツを町の競技にするためのプロジェクトを進めたりと、利府をおもしろくするためにさまざまな取り組みを行っています」と佐藤さん。町内の企業と連携してモルックの用具を開発するなど、ユニークな活動を展開しています。

「利府町でモルックの国際大会を開催したいんです」と夢を語る佐藤さん。モルックは、「モルック」と呼ばれる木の棒を投げて数字の木の棒を倒して点を取っていくアウトドアスポーツ。

3人目は梨農家の近江貴之さん。地方創生イベントで利府町と縁が生まれ、2019年7月に移住しました。「仙台出身なので、利府町には親しみがありましたね。新卒からずっと通信業界にいたのですが、自分の手で目に見えるもの・価値あるものをつくりたいと、地域おこし協力隊の制度を活用して梨農家に転身しました」と近江さん。廃棄ゼロを目指して、規格外の梨を使った「金の利府梨カレー」を開発・販売したり、“梨王子”としてSNSなどで利府梨の魅力を発信したりと、利府梨の価値向上に力を入れています。「農業は、体力的なきつさはありますが、やった作業の結果が出るのはうれしいですね。利府梨の生産は減少傾向ですが、市場ではすぐに売り切れますので、需要に応えられるようにがんばっていきます!」と意気込みを語りました。

「利府町での暮らしも4年目。地域の方々と一緒に、新たなものづくりやまちづくりに取り組む中、利府町に移住してよかったと実感しています」と近江さん。

ここまでのトークを受けて、『LIFULL HOME'S 総研』所長の島原万丈さんは「熊谷町長のプレゼンテーションにあった、文化とスポーツを大事にしていこうという点に感銘を受けました。文化やスポーツといった“遊び”は、コロナ禍では“不要不急”とされたこともありましたが、人間の心の健康にとっては極めて重要なもの。“遊び”は余白を生むので、“遊び”がない人生は窮屈です。あらゆるレイヤーでの“遊び”が大事ですね」とコメント。島原さんはさらに、「利府町には、個人の生き方が選択できる寛容さがありますね。不寛容なまちは人が流出してしまうので、利府町がオープンであることは非常にすばらしいと思います」と述べ、前半を締めくくりました。

現地会場『tsumiki』の様子。ファシリテーターの原さんは「参加者のみなさんも遊び心をもって後半のワークに臨んでくださいね」と呼びかけた。

移住者と参加者の交流やコラボが、利府の可能性を開く。

後半は参加者が主役のワーク。まずウォームアップとして、移住者3名が示した以下のお題について、自分が関わってみたいこと・関われそうなことを、参加者がZoomのチャット欄に書き込みました。

後半は、自分の関心を広げてふくらませるワークが行われた。

ワーク①では、参加者から以下のようなコメントが挙がりました。
・幼稚園や小学校でモルックの体験会をしてほしい。
・モルックとサウナのフィンランド・コラボイベントを開催したいです!
・梨畑のオーナー貸しで、生産量に左右されにくい収益を確保。そこから、利府梨を活用した、クラフトシードルやクラフトジンの生産。
・利府町に「こども商店街」をつくってほしい!

続いてのワーク②では、参加者と移住者がブレイクアウトルームに分かれ、ワーク①のアイデアについて意見交換を行いました。そしてワーク③で、移住者と具体的にどんなことをやってみたいか、参加者が自身のコミットをチャット欄に書き込みました。

ブレイクアウトセッションでの意見交換をふまえ、ワーク③では「自分を主語に動詞で語る」コミットの書き込みが行われた。

参加者からは、以下のようなコミットの書き込みがあり、さまざまなアイデアが生まれました。
・大宮さんと、中高大学生が夢を語るピッチ大会を開催してみたい!
・佐藤さんと、モルックのデザインコンテストを開催してみたい!
・近江さんと、ラリー観戦×利府梨紹介ができる機会をつくりたい!
・近江さんの梨園でライブをやってみたい!
・利府でモルックをしながら、モルックのデザインを一緒に考えたいです!
・地元の高校生と『tsumiki』で梨料理を開発!
・ラリーのレース期間中に愛好家のオフ会をしたい!
・梨園で、お花見、ライブ、野点(のだて)、懐石、梨栽培に触れるなど、遊びから文化に触れるイベントをやりたい。

参加者からの声を受け、大宮さんは「中高生と何かできたらと思いました。若い人たちと、遊び心をもって活動したいです」とコメント。また佐藤さんは「いいアイデアをたくさんいただいて、財産になりました」と、近江さんは「ぜひ梨畑に来てもらって、いろいろな体験をしていただきたいです。遊びの要素も取り入れていきます!」と、それぞれ述べました。最後に熊谷町長が「利府町には、ないものがたくさんありますが、希望があります! 明日が期待できるまち、それを誇りに思っています」と締めくくりました。利府町の可能性や、“ワクワク”“ドキドキ”が感じられる、楽しい2時間でした。

和気あいあいとした雰囲気の現地会場。無事に閉会し、くつろいだ様子のみなさん。

今回の「結びの一言」は、熊谷町長のコメントより!

“遊び”というのは心のエネルギーになり、人間性を回復させるものです。“遊び”がないと人間は進化しません。利府町では、その“遊び”の要素をたくさん提供したいと思っています。町長に就任して5年目ですが、遊び心を加えた政策を行ってきたことにより、「利府は明るい町」というイメージが出てきています。

最新の情報は各種SNSをチェック。

「Fw:東北 Fan Meeting」の最新情報は、facebookページTwitterをご覧ください。  

text by Makiko Kojima