東京から90分。歩いて渡れる無人島「沖ノ島」に行こう!【千葉県館山市】

東京から90分。歩いて渡れる無人島「沖ノ島」に行こう!【千葉県館山市】

2023.09.10

東京駅から約100キロ、車で90分ほどの場所、千葉県館山市に歩いて渡れる無人島「沖ノ島」があります。ビーチコーミングを楽しめる砂浜、カラフルな魚やサンゴが見られる美しい海と森、大人も子どもも楽しめる自然豊かな無人島です。季節を問わず沖ノ島の自然を堪能しているローカルライターが、自然体験プログラムを実施している『たてやま・海辺の鑑定団』のみなさんに、沖ノ島の魅力について聞いてみました。

※トップ写真は、令和元年房総半島台風以前のものです。写真提供:NPO法人たてやま・海辺の鑑定団

沖ノ島で海と森の活動を行うNPO法人『たてやま・海辺の鑑定団』

沖ノ島の地図
沖ノ島の地図 Illustrations by 櫻井洋介 写真提供:NPO法人たてやま・海辺の鑑定団

平成16年に設立されたNPO法人『たてやま・海辺の鑑定団』は、「海鑑(うみかん)」の名で親しまれていて、沖ノ島の自然環境を守る活動や、自然体験プログラムを実施しています。沖ノ島の周囲は約1キロメートル、面積は約4.6ヘクタール。海の環境を守るために、2016年から「アマモ場」の再生活動をスタートしました。アマモは、「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」という、植物で一番長い名前を持った海草です。アマモ場は海のなかにある森のような存在で、たくさんの生き物たちが暮らし、豊かな生態系を生みだしています。

アマモ場再生活動の記念写真
アマモ場再生活動の記念写真。写真提供:NPO法人たてやま・海辺の鑑定団

2019年の令和元年房総半島台風では、樹齢350年以上といわれていた御神木や多くの木々が倒されました。倒木の原因は台風だけではなく、島内にあるコンクリート道路や人工物などの影響によって、岩盤の乾燥が進んでいたことも挙げられました。豊かな森で蓄えられた雨水は、時間をかけて海へと流れ、海をも豊かにします。海鑑は50年後の豊かな森の再生を目指して、海の活動だけではなく森の再生活動も行っています。

森の再生活動実施中
コンクリートを砕いて、水が染み込みやすく改良中の道。

シュノーケリングで出会えるサンゴや魚、生き物たち

ニホンアワサンゴ
ニホンアワサンゴ 写真提供:NPO法人たてやま・海辺の鑑定団

『環境省令和5年度水浴場(開設前)水質調査結果』での沖ノ島は、全透(または1メートル以上)のAAランク。透明度が高く、黒潮の影響を受けた温暖な海はサンゴの北限域で、30種類以上のサンゴやソラスズメダイ、カゴカキダイやニシキベラ、トゲチョウチョウウオなどのカラフルな魚に出会うことができます。

カラフルな魚たち
トゲチョウチョウウオ幼魚、ニシキベラ、ソラスズメダイと思われる魚たち。

南房総にはいくつかのシュノーケリングポイントがありますが、沖ノ島のいいところはビーチの右側が多少荒れていても左側は静かだったり、その逆だったりするので、わざわざ車で他のポイントに移動することなくどちらかの海に入れることが多いのが魅力です。また、カラフルな生き物たちに出会えるのもテンションが上がるポイント。見た目がかわいい小さな魚から、何だかおいしそうな大きな魚まで、毎回いろいろな魚たちに出会えます。イワシなどの群れに囲まれて一緒に泳いでいると、魚に仲間入りした気分で自然と笑顔に。ときには、息継ぎをするために顔を出したウミガメと出会うこともあるそうです。

ハタンポ幼魚の群れ
ハタンポ幼魚の群れ。 写真提供:NPO法人たてやま・海辺の鑑定団

海鑑では、シュノーケルやフィンの使い方からていねいに教えてくれるシュノーケリング体験を行っています。海の状況をみながら、魚やサンゴが見られるポイントへと案内してくれるので、はじめてでも安全にシュノーケリングを楽しむことができます。

シュノーケリング体験の様子
シュノーケリング体験の様子。 写真提供:NPO法人たてやま・海辺の鑑定団

夏は海水浴場や海の家も開設され、ライフセーバーもいるので海水浴だけでも十分に楽しめます。海の家にある有料シャワー以外、島内に水道はないので手洗いやシャワー用の水を持参することをおすすめします。海水浴場の開設や期間については館山市のホームページで最新情報を確認してください。
館山市役所:https://www.city.tateyama.chiba.jp/index.html

次のページでは「ビーチコーミングで土器や化石が!? 」を紹介します

  • 1/2