「あ〜じょんのび…」ってどんな意味?これがわかれば新潟県民!【新潟方言】

「あ〜じょんのび…」ってどんな意味?これがわかれば新潟県民!【新潟方言】

各地で使われる地域特有のことば、「方言」。今回紹介するのは、主に新潟で使われている方言「じょんのび」です。みなさん、どんな意味か知っていますか?

答え:のんびりくつろぐさま


(※goo辞書:全国方言辞典より)


その語源は、



  1. 情延」(=のびやかな気持ちになる)からきている説

  2. 寿延」(=寿命が延びる)からきている説


のふたつがあるようです。


2.「寿延」を語源とする説は、新潟の方言は「ジョ」と「ジュ」の発音が混同することがあり、もともと「寿延(じゅのび)」だったものが「じょのび」と読まれ、「じょんのび」になったと推測しているのだそう。


「情延」も「寿延」も、どちらも気持ちを開放して、のびのび過ごす様子が感じられることば。それぞれ読み方も似ており、「じょんのび」の意味合いを考えても、どちらも納得できる説です。


どんなふうに使うの?


①温泉に浸かって一言。
あ〜じょんのびじょんのび


温泉でよく「あ〜、極楽極楽」と言いますよね。「じょんのび」も同じような感覚で使われ、最高に心地いい気持ちを表します。慣れないと言いづらいかもしれませんが、「極楽」と音数は同じ。ぜひ使ってみて。


猿と温泉
(提供:写真AC)

②自宅にきたお客さんに一言。
なんもないけど、じょんのびしていけて


意味は「何もないけど、ゆっくりしていってよ」。このように「する」などの動詞をつけて話すこともあります。


今では日常会話のなかで使う人はだんだん減ってきていますが、そのことばの意味や響きの良さから、お店や施設の名前などで使われることも多く、県民にとっては身近な方言のひとつです。


「じょんのび」といえば、やっぱりあれ。


「極楽」「気持ちいい」「心地よい」という意味の「じょんのび」。


みなさんにとって、心地よい場所はどこですか? それぞれいろいろあると思いますが、“じょんのび”な場所といえば、やっぱり温泉ではないでしょうか?


温泉
(提供:写真AC)

温泉大国の日本は、全国各地に有名な温泉地がたくさんあります。


そのなかで、都道府県別の温泉地数 第1位 北海道、第2位 長野県に続いて、実は新潟県が全国第3位ということをご存じでしょうか? その数、全部で144か所。新潟県内全域にまんべんなく温泉地が存在しています。(ちなみに「温泉地」とは、宿泊できる温泉施設がある場所のこと。日帰り温泉しかない場合は、「温泉地」には含まれないそうです。)


ゆっくりと体を温めながら極楽気分を味わえる温泉は、まさに“じょんのび”。新潟県内には、「じょんのび」の名がつく温泉施設がふたつあります! それが、「じょんのび村」(柏崎市)と「じょんのび館」(新潟市)。一文字違いなだけに、たびたび混乱する人もいるようですが、それぞれ別の施設です。


温泉
※イメージ(提供:写真AC)

じょんのび村」は、柏崎市高柳町にある観光施設。そのなかに「じょんのび温泉『寿楽の湯』」という温泉浴場があり、施設内で宿泊もできます。柏崎市の物産品が並ぶお土産コーナーもあり、地元の観光拠点として多くの人に愛されてきた施設です。


一方、「じょんのび館」は、新潟市にある日帰り温泉施設。源泉100%の天然温泉はもちろん、最近では地元・角田山の天然水を使用した水風呂とフィンランド式サウナ「森のサウナ」も人気。サウナファンから熱い支持を得ている施設のひとつです。






どちらも地元の人たちから愛される温浴施設。近くまでお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみては。きっと地元の空気を感じられるはずです。


地元の温泉で「じょんのび」体験を


先にお伝えしたとおり、県内にある温泉地は全部で144か所。このほかにもまだまだたくさんあります! 縦に長い新潟県は、上越、中越、下越、それぞれで文化や方言が少しずつ異なるのも面白いところ。行き先にあわせて、地元の温泉めぐりも楽しんでみて。新潟の温泉に浸かりながら、「じょんのび」のことばの意味を実感してもらえたらうれしいです。


月岡温泉 ホテル摩周
月岡温泉 ホテル摩周(写真提供:公益社団法人 新潟県観光協会)