【試食会】“フードダイバーシティ”実現へ! 医療系学生考案の「IBDreamめし」披露

【試食会】“フードダイバーシティ”実現へ! 医療系学生考案の「IBDreamめし」披露

2022.05.02

この度、医療系学生が考案した炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease、以下、「IBD」)患者さんの夢の食べものである「IBD Dreamめし」を披露する試食会を武田薬品とエームサービスの共催で5月13日(金)16時00分から開催されます。

学生が考案した患者にやさしい食事

考案したレシピについてのプレゼンなども試食会で開催されます。(ソトコトオンライン編集部)

武田薬品とエームサービスは、IBDの好発年齢層である10代~20代に着目し、IFMSA-Japan (国際医学生連盟 日本)、APS-Japan(一般社団法人日本薬学生連盟)、【N】(栄養学生団体)との共催で、学生の皆さんを対象とした「IBDreamめし」を考案するワークショップを3月26日にオンラインで開催。

当日は、レシピを考案した学生によるプレゼンや、おうちの診療所 目黒/株式会社omniheal 代表/日本うんこ学会 会長の石井 洋介先生、北里大学病院 栄養部 管理栄養士の太田 裕子先生、NPO法人 IBDネットワーク 副理事長の布谷 嘉浩さん、イラストレーターのカメダさんをお招きしたトークセッションも開催。

IBDは、一般的に「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」の2つの疾患の総称で、腸管の粘膜に慢性の炎症を引き起こす病です。

この情報のまとめ

・5/13に試食会を開催
・「IBD Dreamめし」を披露
・医療系学生が考案