「熱中症警戒アラート」と連動した日傘の1日無料キャンペーンを実施。

「熱中症警戒アラート」と連動した日傘の1日無料キャンペーンを実施。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営する株式会社Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区)は、今回環境省と連携し、「熱中症警戒アラート(試行)」と連動した日傘の1日無料キャンペーンを実施します。


0801


背景


令和2年7月1日から、環境省と気象庁が連携して、関東甲信地方の1都8県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県)で国民の熱中症予防行動を効果的に促すための「熱中症警戒アラート」を先行的に実施しています。8月以降、連日にわたり、熱中症警戒アラートが発表されていましたが、依然として熱中症で緊急搬送される方が多くいる現状にあります。9月以降もしばらくの間、残暑が続くことが予想されるため、引き続き個々人が熱中症予防に努めて行く必要があります。そこで、環境省と連携し、熱中症予防の一環として、日傘の積極的な活用の取り組みを進めることになりました。


熱中症警戒アラート(試行)との連携について


関東甲信地方のいずれか1都県で、熱中症警戒アラートが発表された際は、1日の利用料金(70円)を無料化します。( アイカサのスポットが存在する東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県、スポット数約450箇所での利用に限る)無料化することにより、多くの方に日傘をご活用頂き、個々人による熱中症予防を促します。また新型コロナウイルス の状況下において、ソーシャルディスタンスを保つアイテムとしても活用できます。


日傘利用1日無料キャンペーンについて


環境省から「熱中症警戒アラート」が発表され、「熱中症警戒アラート発令中」のバナーがアイカサのマップ画面上部に表示されている日は、アイカサを借りてから24時間以内の利用料金が無料となります。*借りてから24時間を過ぎると通常通り1日70円が課金されます。


0802


日傘について


アイカサの日傘は雨の日も雨傘として使える晴雨兼用の傘となっています。内側にはPUコーティングによるUVカット処理が施されており、遮光90%以上の効果が期待できます。
日差しによる厳しい暑さの続く今夏。熱中症対策として日傘をレンタルで手軽にご利用いただくと共に、ゲリラ豪雨の際には通常の雨傘としてご利用いただくことで、不本意な使い捨て傘の購入によるプラスチックゴミ排出の削減効果を期待しています。


新型コロナウイルス に対する感染拡大予防への取り組み


お客様が安心して快適に傘をご利用頂くため、下記2点に取り組んでおられます。
①一部の傘立てへのアルコール消毒液の設置
②定期的な見回りの際の取手の除菌


傘シェアリングサービスアイカサとは


傘シェアリングサービス「アイカサ」とは「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の本格的な傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴です。現在は、東京駅や新宿駅をはじめとした都内全域と関東、関西、福岡、岡山、愛知などでの展開を合わせて、スポット数約700箇所。アイカサ公式LINEと公式アプリの登録ユーザー数は合計13万人超えを達成されました。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、完全に傘をシェアし使い捨て傘ゼロを実現する社会づくりをミッションにされています。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP