植物由来の糸で編んだ、肌に優しい抗菌マスク「Bio

植物由来の糸で編んだ、肌に優しい抗菌マスク「Bio Face」島忠ホームズ 49店舗で販売中

株式会社TBM(以下:TBM)は、株式会社島忠(以下:島忠)に、植物由来の糸で編んだ、肌に優しい抗菌マスク「Bio Face」が採用され、49店舗で販売が開始されました。Bio Faceは、弱酸性で抗菌性のある、植物由来のポリ乳酸の糸で製造されており、洗って繰り返し使用することが可能です。3D立体加工により縫い目が無い為、付け心地の良さなど実用的な機能性も兼ね備えたマスクです。


12


背景・概要


従来のマスクの多くは、ポリプロピレンなどの石油由来プラスチックでつくられています。日本国内で家庭用マスクに使用される石油由来プラスチックの量は年間で約1万トンにのぼるとも考えられます*1。このプラスチック量は、国内のボールペン用や漁網用とほぼ同量の使用量*2、またEUで年間に消費されるストロー用の使用量*3の約半分に相当します。


また昨今、新型コロナウイルス感染拡大予防のためのマスク着用が一般的となり、マスクによる肌トラブルで悩まれる方が増加しています。長時間使用しても擦れず、肌荒れしないマスクが求められています。島忠は持続可能な社会を目指し、ステークホルダーの皆さまから信頼される企業であるために、誠実で公正なサステナビリティを重視した事業活動に取組んでいます。今回Bio Faceは、肌に優しい機能性と石油由来資源の使用を抑えた環境性能を評価いただき店舗での販売が決定しました。


*1 2018年の日本国内家庭用マスク生産量42億8,400万枚、うち9割以上が不織布製との統計に基づきTBM推計。(一般社団法人日本衛生材料工業連合会 ホームページを2020年4月20日参照)
*2 株式会社三菱総合研究所(2011年)経済産業省委託調査 最終製品出荷断面における品目別プラスチック使用量推計(品目別詳細表)
*3 Seas at Risk(2017)”Single-use Plastics and the Marine Environment”を基にTBM推計


[Bio Face]について


Bio Faceは植物由来のポリ乳酸の糸で編まれています。ポリ乳酸の糸を使用することで、製品が作られてから処分されるまでのライフサイクルにおける温室効果ガスの発生を、石油由来プラスチックと比較し削減することが可能です。また、繰り返しご使用いただくことにより、資源利用の削減にもつながります。


「Bio Faceの特長」



  1. 弱酸性で抗菌性*1のある、植物由来のポリ乳酸の糸で編まれています。

  2. 50回*2洗っても抗菌性が維持され、お肌を清潔に保てます。

  3. ホールガーメント*3横編機などで立体的に編み上げた3D 立体加工により、縫い目が無い為、肌へのストレスを軽減できます。

  4. フィルターポケット付*4で効果的にウイルス対策が可能です。

  5. ノーズワイヤーを入れることでマスクのズレを防ぐことができます。


ポリ乳酸の特徴


人肌と同じ弱酸性、抗菌性


Bio Faceの主原料であるポリ乳酸の糸は、健康な人肌と同じ弱酸性で抗菌作用を持ち、手術の際に抜糸せず人間の身体に分解吸収される縫合糸としても使用される糸です。


植物由来かつ、生分解性


ポリ乳酸は、トウモロコシ等のデンプンから作られ、一定の環境下*5で生分解するバイオプラスチックです。通常の環境下では、ほとんど分解は起こらず、長期間使用することが可能です。


人にも環境にも優れた安全性


食品衛生法「厚生省告示370 号」規格基準に適合。ポリオレフィン等衛生協議会のポジティブリストに掲載され、米国食品医薬品局(FDA)Food Contact Notification(FCN)No.178 でも安全性が認められ、食品包装などにも使われています。ポリ乳酸の基本単位である乳酸は、私たちの体内にも存在する極めて安全性の高い物質です。また、分解中間産物である乳酸オリゴマーの安全性も確認されています。


商品詳細


原料:PLA 樹脂(ポリ乳酸)一部のみ ポリウレタン、ナイロン
サイズ: S(大人用小さめ)・M(大人用普通)
価格:1袋1枚入1,280 円(税込み)
カラー:ホワイト
販売:島忠49店舗


12

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP