ヴィンテージスカーフなどの端切れを活用したSDGsファッションブランド登場。

ヴィンテージスカーフなどの端切れを活用したSDGsファッションブランド登場。

古い生地や国内外の伝統生地で作られる、サスティナブルで個性的な1点物のシューレースブランド「shoeface」の姉妹ブランド「odds and ends」がデビューします。shoefaceの生産過程で発生するスカーフの残布や、使用のための規格を満たさなかったものなどを活用したバッグなどを展開します。


61


「odds and ends」がつくるものづくり


バッグに使用する主な生地は古いスカーフなどの端切れで、それをつなぎ合わせているため繊細でとても主張あるものに仕上がっています。どこかアクセサリーみたいな役割の、華やかさを持つミニバッグ。スタイリングを彩る主役級のアイテムです。サスティナブルだからこその個性光る1点物で、日本製です。オンラインショップでご購入いただいた場合の発送時の梱包も、とことん無駄をなくした方法を模索した結果「クリアファイル」でお送りするという形に。SDGsを考えるきっかけにもなれるようなブランドづくりをしています。


52


オンラインショップは4月1日オープンです。先行販売として、3月25日~4月18日渋谷パルコにて開催されるサスティナブルイベント「CYCLE」参加のRe⇆STOCK×shoefaceのポップアップストアにてお取り扱いがあります。(CYCLE開催期間は4月5日まで)


53

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP