『New Stories』代表・太田直樹さんの選書3〜5

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『New Stories』代表・太田直樹さんの選書3〜5

2022.07.18

3. わたしは不思議の環

知能とは何か? 著者は「さまざまな人の脳にある自分の記憶も、自分の意識をつくっている」という可能性を追究しています。人と人との境界線を捉え直すことで、その人たちの有り様も変わっていくかもしれません。

著者:ダグラス・ホフスタッター、片桐恭弘(訳)、寺西のぶ子(訳)
出版社:白揚社

4. トレイルズ ─「道」と歩くことの哲学

アメリカ東部の山脈に沿って約3500キロメートルも続くアパラチアン・トレイルは、ネイティブ・アメリカンが歩いてきた道。その道を著者が歩き、さまざまな疑問を解き進めるなかで、歩くという原始的な移動手段を考えます。

著者:ロバート・ムーア、岩崎晋也(訳)
出版社:エイアンドエフ

5. ソフトシティ ─人間の街をつくる

人間中心のまちづくりを思想として持つ著者が、人間が脇に置かれがちなスマートシティよりも、人と人、人と自然の関係を深める「ソフトシティ」をつくることを提案しています。事例、写真や図版も豊富で読みやすいです。

著者:ディビッド・シム、北原理雄(訳)
出版社:鹿島出版会

photographs by Yuichi Maruya
text by Kentaro Matsui, Reiko Hisashima, Sumika Hayakawa, Ikumi Tsubone, Yoshino Kokubo & Maho Ise

記事は雑誌ソトコト2022年7月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。