鈴木智博さんが選ぶ「備品・設備×プレイスメイキングを楽しむ本5冊」

特集 | 人が集まるプレイスメイキング術 | 鈴木智博さんが選ぶ「備品・設備×プレイスメイキングを楽しむ本5冊」

2022.11.13

まちを盛り上げる場所として存在が大きくなっているマーケットやイベントを、組み立て式の木製モバイル屋台で設備の面から支えている「TINY STAND」の鈴木智博さん。設営者や企画者をサポートするプロダクトに込められた思いが、紹介された本から伝わってくるはずです。

(左から)1. マーケットでまちを変える ─人が集まる公共空間のつくり方 / 2. これからの「社会の変え方」を、 探しにいこう。 ─スタンフォード・ソーシャルイノベーション・ レビュー ベストセレクション10
(左から)3. まちづくり:デッドライン ─生きる場所を守り抜くための教科書 / 4. 人間の街 ─公共空間のデザイン / 5. 都市をたたむ ─人口減少時代をデザインする都市計画

「TINY STAND」は、木製のモバイル屋台のレンタルと販売を行っているブランドです。地域を盛り上げるマーケットやイベントで一番の負担となるのが設営です。前日の夜から準備しているところも多くあり、それが毎回続いてメンバーが疲弊してしまい、その結果マーケット自体がなくなってしまうことも。また、毎回オリジナルで屋台をつくるとなるとお金もかかり、イベントが終わったあとには廃材も大量に出てしまいます。そうした現実を知り、設営者や企画者の負担を減らしたいと考え、生まれたのが「TINY STAND」です。工具が不要でひとりでも組み立てられることや、コンパクトに収納できて持ち運びしやすく、保管場所も選ばないことといったデザイン面はもちろん、レンタルしやすい価格設定にするなど使い手の気持ちに寄り添って展開しています。
 
僕は「TINY STAND」を社会課題を解決するソーシャルビジネスだと思っているのですが、その軸となる部分のエッセンスが書かれているのが、『これからの「社会の変え方」を、探しにいこう。』です。2003年にアメリカのスタンフォード大学内で創刊された雑誌・WEBメディアの『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー』に掲載された論文を厳選してまとめたもので、紹介されている論文のすべてが興味深く、ソーシャルビジネスの具体的な仕組みやあり方がわかります。これからの時代は、ビジネス自体が社会課題と直結していないと継続が難しいと僕は考えていて、新しいプロダクトを考えるときにも「何のためにつくるのか」を常に意識しています。

プレイスメイキングの実践としてマーケットを始めたいと思っている人におすすめなのが、『マーケットでまちを変える』です。マーケットが地域の地価にも影響を与えているロンドンの事例や、東京で始まった新しいスタイルのマーケットなどを紹介しています。著者の鈴木美央さんは、実際に埼玉県で「Yanasegawa market(柳瀬川マーケット)」を主催されているのですが、本の後半にはマーケットを実際に始める際のポイントがかなり具体的に紹介されています。必要となる設備・備品についても詳しく書かれているので参考になると思います。
 
こうした本に刺激を受けたり、初心を思い出したりしながら、「TINY STAND」だけでなく、空間の活用をサポートする新しいプロダクトを生み出していけたらと思っています。

すずき・ともひろ●建築家。2018年に木製屋台のブランド「TINY STAND」を立ち上げ、19年に一級建築士事務所・合同会社『REIVER』を設立。デザインによるコミュニティの再構築を目指し、都市やまちの事業企画や再開発プロジェクトを進行中。

photographs by Hiroshi Takaoka & Yuichi Maruya text by Ikumi Tsubone

記事は雑誌ソトコト2022年11月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。