『陽と人』代表|小林味愛さんの選書 3〜5

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『陽と人』代表|小林味愛さんの選書 3〜5

2022.01.19

3. 柿づくし ─柿渋、干し柿、柿酢、柿ジャム、紅葉保存

ブランドをつくる際、「柿」と書いてある本はほとんど読みました。この本は柿の歴史からレシピまであらゆることが紹介されています。地域の人が実際にどんな使い方をしているのかを聞くときの話のきっかけにもなりました。

書籍情報
著者:濵崎貞弘
出版社:農山漁村文化協会
発売日:2016/7/15

4. 31歳からの子宮の教科書

ユーザーやニーズ目線を知るために読んだ本のなかの一冊。昔とは環境も生活スタイルも変化した現代女性の体が、特に30代以降にどう変わるのかがわかりやすく書かれています。教科書にしたいくらい読んでほしいです!

書籍情報
著者:宗田 聡
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2012/11/14

5. DXの思考法 ─日本経済復活への最強戦略

DXのことだけじゃなく、いまの時代をどう捉え、生きていくべきなのかというマクロの視点の話が書かれています。私にとって頭の体操ができる本。『近所の地球』と同じように世の中を俯瞰する視点を与えてくれます。

書籍情報
著者:西山圭太著、冨山和彦解
出版社:文藝春秋
発売日:2021/4/13

photographs by Yuichi Maruya text by Ikumi Tsubone

記事は雑誌ソトコト2022年1月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。