海と子どもをつなぐコミュニケーター・茂木みかほさんが選ぶ「自分を見つける本5冊」

特集 | ローカルヒーロー、ローカルヒロインU30 | サスティナブル・ブックガイド~自分を見つける本~ 海と子どもをつなぐコミュニケーター・茂木みかほさんが選ぶ「自分を見つける本5冊」

2023.01.22

「海なし県」の群馬県に生まれ、海に強い憧れを持って育った茂木みかほさん。神奈川県・三浦半島を舞台に、子どもたちに自然の素晴らしさを伝えています。茂木さん自身の仕事のスタイルや生き物との向き合い方、生き方にも影響をもたらした本がこちらです。

*30代の先輩からU30の皆さんへ。今回は先輩たちの選書を通して、U30の皆さんに、自分たちにもこれからやってくる30代をより豊かに、気持ちいい生き方をしてもらえたらと思い、11名の方に本を選んでいただいています。

センス・オブ・ワンダー/レイチェル・カーソン著、上遠恵子訳、新潮社刊
海洋生物学者の著者が甥っ子のロジャーとの体験から、生き物の不思議さに目を見張る大切さを伝えようと柔らかい言葉で綴ったもの。まるで、レイチェルから届いた手紙のようで、大事なものを思い出させてくれる本です。

三浦半島フィールドノート ─野歩き・海遊びのススメ/園田幸朗著、清水弘文堂書房刊
大好きな三浦半島の自然をまるっと一冊にまとめてくれています。ここに書かれている自然体験を、ぜひ皆さんも体験してみてください。著者によるイラストも素敵で、読めば生き物への関心や理解も生まれるはずです。

海と子どもをつなぐコミュニケーター」という肩書で、子どもたちに自然や海の素晴らしさを、磯観察やビーチコーミングを通して伝える自然体験活動の指導を行っています。活動拠点は、神奈川県の三浦半島、逗子や葉山です。

伝えるときに大切にしているのは、レイチェル・カーソンの名著『センス・オブ・ワンダー』にも書かれている、「知ることよりも感じることを大事に」という、自然と向き合う姿勢です。たとえば、磯観察で子どもたちは知らない生き物に出合うと、「これ、なんていう生き物?」と私に尋ねます。図鑑で調べると名前はわかりますが、そこで探究は止まってしまいます。だから私は、「3分間、この生き物を眺めてごらん」と名前よりも観察することを勧めます。どんな色や形をして、どんな動きを見せるか。目の前にいる生き物そのものを感じてほしいから。レイチェルも本のなかで貝や鳥、虫や植物など生き物の不思議さを甥っ子のロジャーに語りかけています。海に沈む月を眺めたり、夜の庭で虫の声を聴いたり、身の回りの自然と一緒に触れ合いながら感性を育むのです。

私も子どもの頃、新潟県の海辺や父の故郷でたくさんの自然を感じましたが、自然を「知ること」「伝えること」を仕事に決めたのは大学卒業後。自然を感じた経験があったから今があると思いつつ、もっと若いうちにレイチェルの言葉に出合えていたら、自分が進みたい道を早く意識できたのではと、ロジャーをうらやましく思いながら読んでいます。

三浦半島に暮らして10年以上が経ちます。仕事でもプライベートでも、三浦半島の自然と触れ合う機会が多いですが、その扉を開いてくれたのが、『三浦半島フィールドノート』です。サブタイトルにあるように、三浦半島での野歩きや海遊びの楽しみ方が見開きページに1つずつ、かわいいイラスト付きで紹介されています。「紫の汁で身を守るアメフラシ」や、「野山でできる苺狩り」や、「海藻標本を作りませんか」というページもあり、私はユカリという赤い海藻でつくってみました。ものすごくきれいです。海藻は水の中で広げるとその造形の美しさに感動します。植物の押し葉のようにケント紙に貼り付けて標本にすると、一つひとつ形が違って、その多様性に驚かされます。以来ハマッて、100種類ほどの海藻を標本にしました。そんなふうに、三浦半島の自然をこれ一冊で満喫できます。ぜひ、この本を片手に気軽に訪れてみてください。

白洲正子自伝
白洲正子著、新潮社刊

SNSから入ってくる情報の渦に惑わされ、他人と自分を比べてばかり。そんな生き方から脱却させてくれる著者の言葉。U30の皆さんにも読んでほしいです。自分らしく、かっこいい生き方を貫いた、私の憧れの女性です。

日本産魚料理大全
西潟正人著、緑書房刊

日本で獲れる魚介の370種類の調理法を掲載。見たこともない未利用魚や低利用魚が釣れて、「この魚は何?」と思いながら開いたら、たいていの魚と調理法は載っている図鑑のようなレシピ本です。

寄生蟲図鑑 ─ふしぎな世界の住人たち
目黒寄生虫館監、飛鳥新社刊

多くの人が気持ち悪いというイメージを持つ寄生虫ですが、この本を読むと「ただものではない」という見方に変わるはず。カタツムリをゾンビに変えて操り、鳥への寄生を狙うロイコクロリジウムの戦略には感嘆の一言。
もてき・みかほ●群馬県生まれ。『アクアマリンふくしま』、『高知県立足摺海洋館』などの勤務を経てフリーランスに。『観音崎自然博物館』で非常勤職員などを務めながら、子どもたちに自然体験活動を指導。任意団体『魚女子部』も運営している。

photographs by Yuichi Maruya text by Kentaro Matsui

記事は雑誌ソトコト2023年1月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。