編集者/『出版社さりげなく』代表・稲垣佳乃子さんが選ぶ「自分を見つける本5冊」

特集 | ローカルヒーロー、ローカルヒロインU30 | サスティナブル・ブックガイド~自分を見つける本~ 編集者/『出版社さりげなく』代表・稲垣佳乃子さんが選ぶ「自分を見つける本5冊」

2023.01.26

幼いころから「いつか自分は本をつくるだろう」と思っていた、『出版社さりげなく』の稲垣佳乃子さん。彼女は、同じ本を何度も読み砕くことで、編集を学んだと言います。そんな彼女が紹介するのは、幾度も読み返し、編集の助けとなった本5冊です。

*30代の先輩からU30の皆さんへ。今回は先輩たちの選書を通して、U30の皆さんに、自分たちにもこれからやってくる30代をより豊かに、気持ちいい生き方をしてもらえたらと思い、11名の方に本を選んでいただいています。

モモ/ミヒャエル・エンデ著、大島かおり訳、岩波書店刊
人の時間を盗み、心の余裕を奪う男たち「時間どろぼう」と、時間を取り返す女の子・モモを通して、「時間」とは何かを問う物語。何度読んでも新しい解釈が生まれるのはなぜか、それを知りたくて何度も読んでいます。

雲と鉛筆/吉田篤弘著、筑摩書房刊
水道も通っていない屋根裏部屋で、小さな本を読み、鉛筆で雲を描く「僕」と、彼を取り巻く人たちとの日常を描く。何回読んでも分からないから、何回も読み直し、こんな本をどうすればつくることができるのか、いつも考えます。

2019年、『出版社さりげなく』を立ち上げ、それから今日まで本をつくっています。ですが実は、編集の基礎知識やスキルを磨く本、編集哲学のような本をこれまでに読んだことがありません。そんな形としての編集の勉強をしてこなかった私が何から編集を学んだかというと、そのほとんどがこれまで読んできたたくさんの本からです。

まずはミヒャエル・エンデの『モモ』。人の時間を盗む「時間どろぼう」と呼ばれる灰色の男たちと、盗まれた時間を取り返す女の子・モモの不思議な物語です。文章から主人公と自分を重ねたり、その世界に自分が存在したら……と想像を巡らせたり。『モモ』は、「時間がない、忙しい」と言ってしまう現代人に「時間を盗まれたら自分はどうするのか」と、自分を登場人物に重ねて読み解くかのように感じさせます。

『モモ』は小学校高学年児童向けのお話なのに、内容は少々難解。私は年2回以上読みますが、何年読み返しても解釈はその時々で異なり、新しい発見があります。物語は老若男女問わず、どの世代でも楽しめ、読み解き方も読後の感想も、人それぞれです。どうすれば読む度に異なる解釈が得られる本をつくることができるのか。それを知りたい気持ちもあり、何度も読み砕いているのだと思います。

幾度となく読んでも発見があるのは、吉田篤弘さんの『雲と鉛筆』も。元・新聞工場の屋根裏部屋に住み、鉛筆工場で働く主人公の「僕」と、彼を取り巻く日常が描かれています。日常の中で、何がいいとか悪いとか、どれを選ぶべきかとか、無理に決めてしまう必要はない。それを淡々と繰り返し語りかけます。「僕」の日常のお話ですが、読む人によっては、内容や書き方が仏教や哲学、心理学の話をしているのでは? という受け取り方もできてしまう、さまざまな解釈の機会を与えてくれる本。この本も、何回読んでもわからないのですが、いつも何かしら心に刺さり、気づきがあります。

編集し、本をつくるときに重要なことは、本を読むことと、誰かの物語に触れて心が動くことの積み重ねだと思っています。本を読むことで、著者や出版社、装丁家、そして営業で書店さんに伝えるための自分の言葉は生まれてくるかもしれません。それに著者の文章を読んで言葉を理解し、編集としてアドバイスができるかもしれません。たくさんの本と出合ったことが、本をつくることの支えとなっていると思います。

みみずのオッサン
長 新太著、童心社刊

「オッサン」というみみずがペンキ工場の爆発で降ってきた色を食べ、その排泄物を土に還し、新しい世界を生み出したけど、「オッサン」は何も変わらない。焦らず、自分のペースでいいんだと思わせてくれます。

平野甲賀〔装丁術〕・好きな本のかたち ─シリーズ〔日常術〕②
平野甲賀著、晶文社刊

『出版社さりげなく』の装丁家・古本実加さんが装丁家になるきっかけとなった甲賀さんの本。本の装丁や形に興味があった彼女は、とある教室で甲賀さんに書き文字を習ったことで、彼の事務所で働き、装丁家に。

かぜがおうちをみつけるまで
ボブ・サム著、下田昌克絵、谷川俊太郎訳、スイッチパブリッシング刊

アラスカ先住民クリンギット族の長、ボブ・サムの言葉を、詩人の谷川俊太郎が翻訳した物語。民族に伝わる神話など継承し、後世に伝えつつも大事なことは語り切れない“余白”を文章から感じ、参考にしています。
いながき・かのこ●1993年兵庫県生まれ。京都市で仲間たちと運営する『出版社さりげなく』の代表、企画・編集、営業。つくり手の意図を超えて、読まれ、解釈される本という媒体に魅了され、25歳で出版社を設業し、2020年には株式会社に組織変更。

photographs by Yuichi Maruya text by Fumi Itose

記事は雑誌ソトコト2023年1月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。