MENU

Web3.0

NFT、DAOにメタバース。“ソトコト的” Web3.0な取り組みと展望を紹介

  • URLをコピーしました!

『ソトコト』ではWeb3.0を使って、ワクワクする未来つくるプロジェクトを企画・進行しています。

目次

「FiNANCiE(フィナンシェ)」×『ソトコト』による「ソトコトDAO」の運営

ロハス、スローフード、SDGs、地方創生、関係人口……。これまでソトコトは誌面やオンラインを通じて未来をよりよくする数々のコンセプトをつくってきました。そして2023年から、ソトコトのWeb3.0文脈のもと「ソトコトDAO」プロジェクトを鋭意運営中です。

コミュニティ・プラットフォーム「FiNANCiE」で、日本の各地域の“おもしろい”を「ソトコトDAO」がつなぐ

コミュニティ・プラットフォーム「FiNANCiE」は、ファンコミュニティの企画と連動したNFT発行や運用を支援する他、NFTを活用した新しいエンターテインメントの創出やプロジェクト運営を支援するサービスです。このプラットフォームを使い「ソトコトDAO」の運営をしています。

2023年11月末日現在で、271人ものメンバーが参加してくれています。

この「ソトコトDAO」では、各地域の楽しいこと、素敵な人、おいしいものをつないでいくことで、さまざまな垣根を越えて参加できるコミュニティを創出し、わたしたちの暮らしがご機嫌になる(=ウェルビーイング)なプロジェクトを数多く立ち上げていきます。

「ソトコトDAO」ができること、したいこと

・日本の各地域でマルシェやフェス、カフェを運営する
・素敵な人(生産者やローカルインフルエンサー、ローカルヒーローなど)を紹介してつなげる
・おいしいもの(名産品や、まだ見ぬローカル食、クラフトなど)を広める

多様な地域といろいろな関わり合いを持つことで、地方創生や関係人口を創出し、日本の未来をもっと楽しく、ワクワクさせるトークンをつくり、推進していきます。

DAOのメンバーが、いろいろな話題、テーマでつながっています。
指出総編集長の楽しい話題も見ることができます。

三越伊勢丹のメタバースアプリ「REV WORLDS」内のバーチャルイオンモールで、「ソトコトストア」が2023年12月26日オープン!

「REV WORLDS」の街並み。

『ソトコト』では今後、メタバース(「REV WORLDS」にあるバーチャルイオンモール)でお店をオープンします(2023年12月26日オープン予定)。なお「REV WORLD」は、「App Store」「Google Play」でダウンロードが可能です。

ここが「REV WORLDS」内にあるバーチャルイオンモール。
中に入ると知っているメーカーのお店がたくさん。

お店では今後、雑誌『ソトコト』や日本各地で見つけたおいしい食品、秀逸なプロダクトをラインナップしていくので、乞うご期待。

雑誌『ソトコト』のほか、日本各地の名産品を揃えていきます。

そのほか、詳しい出店情報(2023年10月5日時点)も発表されているので、要チェックです。

『ソトコト』と一緒に、メタバースの中でイベントを開催しませんか?

『ソトコト』では、「リアルウィズバーチャル(メタバース)設計・開発」を強みとする『株式会社ケーワイアイ』と協働し、メタバースにおけるイベント開催の相談を承っています。

『株式会社ケーワイアイ』によるメタバース内イベントの事例

写真は、公益社団法人『青森観光コンベンション協会』協力のもと、『株式会社ケーワイアイ』の技術と『iqros株式会社』の企画、運営ノウハウを駆使して実現した、「バーチャル青森ねぶた祭」の様子。(出典:株式会社ケーワイアイ)
『株式会社ケーワイアイ』が開発した「kyIタワーレコードバーチャルポップアップ」。VR動画の中にイベントの告知や宣伝広告などを表示させることができます。(出典:株式会社ケーワイアイ)

『ソトコト』と一緒に、本やパンフレットをNFT化しませんか?

『ソトコト』では企業や自治体、その他団体で制作した本やパンフレット、紙メディアの「NFT化」を承っています。NFT化したコンテンツは、NFTのマーケットプレイスで商品として販売も可能で、最新の紙コンテンツを必要としている消費者やファンに届けることはもちろん、長年制作してきた過去の作品もNFT化すれば、自分たちの魅力をより深く、ユーザーにお届けすることができます。現在、ご依頼のご相談も多数いただいています。

ブロックチェーン技術を使うので、購入・ダウンロードしてくれたユーザーと長く安全につながることが可能になります。本やパンフレットをNFT化は、デジタルマーケティングの部分でも、皆さんのプロジェクト振興に貢献してくれると信じています。

“ソトコト的” Web3.0の取り組みについて、詳しく知りたい方はこちらへお問い合わせください/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

関連記事