「譲り店」ニューMASA

「譲り店」ニューMASA | 店主がいつか“卒業”できる、持続可能な喫茶店。

純喫茶ファンの若者が増えつつある一方、後継者不足で閉業を余儀無くされる喫茶店も少なくない。そんななか、大阪で「譲り店」というしくみで場を守っている喫茶店がある。

大阪市北区・中崎町の一角に佇む「ニューMASA」。梅田からも徒歩で行ける距離にありながら、昔ながらの下町風情が漂う。独自の街並みに個性的なカフェやショップが軒を連ね、昭和と現代の文化が混じり合うエリアだ。

ニューMASAは、「譲り店」として度々メディアに取り上げられる純喫茶。

喫茶店の持続可能性を広げる、譲り店とは?「喫茶店経営に興味があるものの、開業ハードルの高さに足踏みをしている」という人には、ぜひ最後まで目を通してもらいたい。

親族間の承継でもない、居抜き賃貸とも少し違う、譲り店。

譲り店について取り上げるなら、この人に話を聞かなくては。そう思い、取材を依頼したのが、喫茶店やカフェの場づくりに詳しい山納洋さんだ。

「ニューMASA」から徒歩1分の場所に、自身がプロデュースする「common cafe」を構えている山納さん。著書『カフェという場のつくり方 自分らしい起業のススメ』でも、ニューMASAを譲り店として紹介している。

●山納 洋(やまのう ひろし)さん/1993年大阪ガス(株)入社。神戸アートビレッッジセンター、扇町ミュージアムスクエア、メビック扇町、(財)大阪21世紀協会での企画・プロデュース業務を歴任。2010年に大阪ガスに帰社し、以降、都市開発、地域活性化、社会貢献事業に関わる。会社員である一方で、カフェ空間のシェア活動「common cafe」や「六甲山カフェ」、トークサロン企画「Talkin’ About」などをプロデュース。著書に『common cafe ー人と人が出会う場のつくりかたー』(西日本出版社)、『カフェという場のつくり方 自分らしい起業のススメ』(学芸出版社)などがある。

山納さん:「僕が“譲り店”という言葉を初めて知ったのは、天王寺の喫茶店で店主と会話をしているとき。不動産用語で言う“造作譲渡”(店舗の内装や設備をそのまま譲渡すること)の意味合いに近いと思うのですが、そういう難しい言葉を使わず、当たり前に“譲り店”と言っていたんです。人から人へ直接引き継いだり、店名を変えずに営業を続けたり、『私やめるからアンタやりぃ』くらいのニュアンスに聞こえました」

「譲り店」とは、特別なしくみとして名付けられたわけではなく、昔からなんとなく当たり前に使われていた言葉のようだ。

「喫茶・ラウンジ 正」から「中崎町昭和喫茶 ニューMASA」へ。

山納さん:「余談になりますが…淡路町(淀屋橋駅付近)にある喫茶店のオーナーから相談を持ちかけられたことがあって。『30年続いた店を閉めるから、代わりに経営してくれないか』と。譲り店として引き継げないかと考えたんですが、結局この話は実現には至りませんでした」

そんなとき、common cafeのすぐ近くにある「喫茶・ラウンジ 正」という店が「中崎町昭和喫茶 ニューMASA」と看板を変えているのを見かけたという。

山納さん:「僕と同じようなことを考えて、譲り店として喫茶店を始めた人がいるなと。その人物こそ、2代目店主の片牧尚之さんでした」

1982年(昭和57年)に初代店主が開業した「喫茶・ラウンジ 正」。片牧さんは、この店に6年ほど通う常連だった。店主から「もう店をやめようかと思う」と聞き、「今の常連さんたちの居場所をなくしたくない」との想いから2代目に名乗り出たそうだ。

そして、2011年6月に「ニューMASA」とローマ字表記の“半分新しい”店名を掲げ、リニューアルオープン。

山納さん:「内装はそのまま、綺麗に掃除をして、椅子を張り替えて、ほんの10日ほどで店を開けていました。多くのケースでは、不動産契約の都合上、店を閉めた人・次に店を始める人の間に交流がないのが一般的でしょう。いわゆる“居抜き物件”はよくありますが、前の店主がどんな想いでどんな店をやっていたのか知らない。ニューMASAの場合、人と人とのやりとりがあって場がつながれています」

昭和の香りが道ゆく人を誘う「ニューMASA」。リニューアル時に店先の自動販売機を撤去し、外からでも店内の雰囲気がわかるようになった。

2代目、3代目、4代目… 店主が入れ替わっても続く喫茶店。

こうして2代目店主となった片牧さん。約8年にわたって店を続けたが、2019年9月にニューMASAを“卒業”した。

山納さん:「若い世代にも、古き良き昭和の魅力を知ってもらいたい。でも、演出された“昭和感”は、常連さんにとっては“違和感”となってしまう。喫茶店の在り方に迷いが生じていたようです。僕が店に立ち寄ったときに“卒業”の相談を受け、新店主を探すことになりました」

現在、ニューMASAの店頭に立つのは4代目の古家慶子さん。ただ、古家さんが引き継げるのは2020年4月からと決まっていた。それまでの半年間3代目を務めたのは、なんと山納さんの息子・慎也さんだ。当時大学3回生でありながら、大学を休んでまで本気で喫茶店経営に挑戦した。

古家さんがお気に入りだという、歴代店主の集合写真。左:山納慎也さん(3代目)、中央:古家慶子さん(4代目)、右:片牧尚之さん(2代目)。

山納さん:「ニューMASAの継続にあたって考えたのが、3年程度で店主が入れ替わるしくみです。喫茶店を経営してみたいと思っても、『多額の初期費用を用意することが難しい』『喫茶店の店主として一生を過ごすほどの覚悟はない』などの理由で諦めてしまう人もいるのでは。自分が次のステージに進む時期が来たら、新たな人にバトンを渡すことができる…そんなシステムがあってもいいんじゃないかと思ったんです」

譲る側は閉店時の費用を最小限に抑えられ、譲られる側も開店時の費用を減らせる。

2代目の片牧さんはまさに、先代から譲られて始めたからこそ、今度は自分が譲って見守っていくという選択ができた。もしまた喫茶店の店主に戻りたくなったら、何年後かに再びバトンを受け直すことも可能だ。一度離れてもまた戻れる場所があるというのは、心の拠り所にもなるはず。

場所も、時間も、お客さんとの関係性すらも、継いでいく。

山納さん:「ニューMASAでは、店名を変えず、大規模な改修を行わず、店を続けていくことを新店主への条件としています。それから、もうひとつ。“場所”を継ぐだけではなく、その店が積み重ねてきた“時間”ごと継ぐという意識も必要です」

ニューMASA店内のカウンター席。ここに座ってきた人たちの時間の蓄積を感じさせる空気がある。

山納さん:「譲られた空間に自分の好きなことを持ち込むだけでは、やっていけません。古くからの喫茶店には、必ずストーリーがあります。店主がどんな想いで店を開けていたのか。お客さんはどんな場所であってほしいと望んでいるのか。長年の歴史によって紡がれた物語の上に、自分がいる。そういう自覚をもち、お客さんに傾聴できる姿勢が、新店主に求められる資質だと思います」

これは喫茶店経営に限らず、地方に移住したときやローカルなコミュニティに入るときも同じことが言えるだろう。先にその場所にいた人たちの話を聞き、気持ちに寄り添わなくては、受け入れてもらうのは難しい。

山納さん:「その点、古家さんはお客さんとの向き合い方をよく学んできた人です。ニューMASAの店主になる前は、『六甲山カフェ』というプロジェクトを続けていました」

さて、ここからは、ニューMASAの現役店主・古家さんに話を聞いてみよう。

4代目店主は、戦前から続く茶屋でカフェ運営を経験。

近代登山発祥の地として歴史のある六甲山。その登山口にカフェを持ち込み、若者にも山の魅力に気づいてもらおうとスタートさせた「六甲山カフェ」。

兵庫県芦屋市、六甲山の登山口で、1934年(昭和9年)から営業している「大谷茶屋」。その軒先を借りて、2004年にcommon cafeメンバーがカフェイベントを開催したのが「六甲山カフェ」の始まりだ。

2005年には、3か月間の期間限定で日曜カフェを開催。その後も、プロジェクトの中心メンバーだった船津智美さんと古家さんが活動を続けていたところ、大谷茶屋の営業を手伝いながらの常設カフェが誕生した。しばらくして、週末ごとに店主が入れ替わるシェアカフェに運営形式を移行。現在も有志メンバーが運営を継続している。

大谷茶屋の建物横には、食堂として使われていた洞穴がある。この場所の切り盛りを依頼されたのが、六甲山カフェ常設のきっかけ。

古家さん:「最初は、友人の船津さんとともに六甲山カフェに関わり始めました。彼女が代表を退いてから、別の方々が代表をしていた時期は一旦手伝いから離れていた状態。将来、旦那さんと自分たちの店を持ちたくて、店舗経営を学びたいと思っているとき、ちょうど次の代表を募るという話があって。メンバーの一人ではなく代表を経験してみたいと、立候補したんです。山に来る方々との関係性をより深めて、カフェをもっと盛り上げたいという想いもありましたね」

六甲山カフェで、経営の基本やコミュニティづくりには自信がついた古家さん。同時に、週末だけでなく日常的に店頭に立ち続ける経験も必要だと感じたという。

古家さん:「夢に向けて、もっと実践的に経営を学べる場はないだろうかと。ニューMASAの新店主を探していると聞いたときは、こんな“渡りに船”みたいな話はないなと思いました。店舗も設備も揃っていて、店主だけ代わるという好条件。ずばり私が求めていた場所でした」

しかし、代替わりの時期に新型コロナウイルス感染症の第1波が重なったことは計算外。自粛ムードで客足が遠ざかり、出だしから苦戦を強いられた。

古家さん:「3代目から4代目への引き継ぎの際に、2代目の片牧さんが常連さんとの顔合わせの場を設けてくれました。そのおかげで、初代の頃からのお客さんが時々コーヒーを飲みに来てくれるのはありがたかったです。今は、私自身に会いに来てくれるお客さんもちらほらいます。来客数が少ない間にゆっくり経営に慣れることができましたが、まだまだ勉強の途中です」

ニューMASAの2代目・3代目・4代目が揃った日の写真。カウンターに立つのは山納慎也さん。

古家さんも、いつかはニューMASAを“卒業”する日が来るのだろう。

古家さん:「将来的には誰かに5代目を譲ることになります。そのきっかけづくりとして、店の定休日に間借りとして場所を提供できればと考えています。1日もしくは半日単位で家賃料をいただき、売り上げは全額出店者に還元するという形態で検討中です」

間借りもまた、飲食店を開業したいという人の修業ルートのひとつとなる。特に間借りカレーのブームによって、大阪ではすっかり定着したスタイルだ。

「譲れるしくみ」から広がる、場の可能性。

最後に。山納さんが語ってくれた、次のような言葉が印象に残っている。

「喫茶店経営は、儲けとして大きなうまみのあるビジネスではありません。それでも、やってみたいという人が何人かいれば、持続可能なシステムはつくれます。大事なものを誰か一人に背負わせるのではなく、みんなで分担して続けていく。その方法のひとつが、譲り店なのです」

単独でずっと走り抜ける徒競走選手がいなくても、バトンを渡せる次のランナーがいればいい。しばらく休憩をして、またコースに戻ったっていい。

こんなカタチもありなのか!と気づく人が増えるだけでも、喫茶店という場の守り方は、これからもっと柔軟になっていくのかもしれない。

▼ニューMASA
住所:大阪府大阪市北区中崎西1-1-16
TEL:06-6373-3445

文/齊藤美幸
写真提供/山納洋さん、古家慶子さん

■ライタープロフィール
齊藤 美幸|まちと文化が好きなライター。広告制作会社での勤務を経て、2020年からフリーランスとしてソトコトオンライン他で執筆中。地元・名古屋を中心に、都市の風景や歴史、地域をつくる人の物語などを伝えている。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP