『まよひが企画』代表・佐藤恒平さんの選書3~5

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『まよひが企画』代表・佐藤恒平さんの選書3~5

2022.05.11

3. いやげ物

丹精込めてつくられたであろう物を「いやげ物(もらってもうれしくないもの)」として取り上げた、ゆるキャラの生みの親・みうらじゅんさんの本。しかし取り上げられた人からありがたがられたりもする不思議な感覚のある一冊です。

書籍情報

著者:みうらじゅん
出版社:筑摩書房

4. ジュニオール

システムのなかで、プレイヤーがどれだけ自由に、大人に頼らずオリジナリティを発揮できるかを描いたサッカー漫画。試合中に1回だけ自由に個性を発揮できる「アタックチャンス」は、ウサヒの運営方法に取り入れたこともあります。

書籍情報

著者:灰谷音屋
出版社:秋田書店

5. 地方は活性化するか否か ─マンガでわかる『地方』のこれから

地方都市に暮らす女子高生が、役所のホームページや新聞などから情報を集め、地域活性化について探究し、自分なりの答えを出していく本。昨年度から始まった高校の新科目「探求学習」に関わる人に、読んでほしいです。

書籍情報

著者:こばやしたけし
出版社:学研プラス

text by Reiko Hisashima, Fumi Itose, Kentaro Matsui, Sumika Hayakawa, Ikumi Tsubone, Etsuko Ishii & Daisaku Mochizuki

記事は雑誌ソトコト2022年5月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。