医師・稲葉俊郎×『サラヤ』廣岡竜也  対談 「いのち」のこと、そして ウェルビーイングについて。

特集 | サラヤ×ソトコト~対談企画~ | 2 医師・稲葉俊郎×『サラヤ』廣岡竜也 対談 「いのち」のこと、そして ウェルビーイングについて。

PR

2022.08.09

天然素材を用いて、人と環境にやさしい自然派商品を手がける『サラヤ』。事業の中で大切にしているテーマが「いのちをつなぐ」ということ。『サラヤ』の廣岡竜也さんが、日々医療の現場で“命と対峙する”医師・稲葉俊郎さんとお話をしました。

『サラヤ』が考える、 「いのちをつなぐ」こと。

廣岡竜也さん(以下、廣岡) 今回、稲葉先生との対談の機会をいただけるということで、考えたのが「いのち」についてです 。『サラヤ』の社名に付いているコピー(企業の活動テーマ)は「いのちをつなぐ」。衛生事業からスタートした『サラヤ』ですが、環境や健康など、事業のすべてがこの言葉につながっていると考えています。

稲葉俊郎さん(以下、稲葉) 『サラヤ 』の商品は昔から使っています。学生のころから意識して、多少高くても環境負荷の少ないものを選んできました。僕はフィロソフィー、つまり哲学を大切にしています。表面的なものではなく、その中に見える魂みたいなものに対し、対価を払っていると考えています。「いのちをつなぐ」はまさにフィロソフィーですね。

廣岡 コピーのきっかけは、当社の「ヤシノミ洗剤」をはじめとしたパーム油関連商品の原料生産地であるマレーシア・ボルネオ島の環境問題でした。ゾウやオランウータンの保護や熱帯雨林の保全などもしていますが、それらは単に動物を助けたり、自然を守ることが目的ではありません。ある種の絶滅が続いていくと、いずれ人間さえも生きていくのが難しい世界がくるのだと認識して行動すべきだと、生物学者の方からお話を聞き、「いのちをつなぐ」とは、すべての種を、そして次世代に命を「つなぐ」という思いを表現したものなんです。

稲葉 僕は福祉にも関心を持って取り組んでいます。それは、我々みんなが生きやすい社会をつくることにつながるからだと思っています。みんなが生きやすい社会をつくるということは、結局自分を助けている。自分は今元気で、いろいろできるから人にしてあげられるけど、そんなのはいつでも反転する。自分がいい状況にあるときに人を助けるというのは、結局自分を助けることになる。”つなぐ”とは、相互的なものであるという発想。生き物の話にもすごく近いのかなって思います。

中身を詰め替え、長く使用することが前提のシンプルなデザイン。

菌やウイルスとの共生を、 どう実現させるか。

廣岡 今回の新型感染症の世界的な広がりは、移動手段の発達によって世界が”近く”なったこともあるでしょう。一方で、世界全体で衛生環境を向上していくことが人類全体で感染症を減らしていく「リスクヘッジ」になっていく可能性があることを示していると感じています。

稲葉 菌やウイルスを含めた生き物との共生をどう実現させるか、が鍵ですね。人間って一旦考え始めると、菌やウイルスを根絶やしにするまでやっちゃうじゃないですか。そうではなく、本当に最適なバランスをつくり出すことが重要。なんでもかんでも菌やウイルスを根絶させるといった発想の衛生になっていくと、それは”いのちのフィロソフィー”が欠けてしまいます。

廣岡 確かに、そのとおりですね。人間のエゴかもしれませんが、人に有用な菌はうまく生かしながら、人に害をなす菌は遠ざけていく。我々は、殺菌消毒剤もつくっていますから、もちろん「菌を殺す」会社でもあるのは事実。でも、一方で菌を生かした洗剤をつくっている会社でもあるんです。

稲葉 『サラヤ』が出しているんですか? 知らなかったです。

廣岡 「ソホロ(SOFORO)」という天然成分です。まさに味噌や醤油を醸すのと同様に、天然酵母の発酵からつくり出しています。

稲葉 人間にとって有益な菌もあれば、そうでないものもある。でも、それがある動物にとっては、同じように作用するとは限らないものもある。少なくとも人間の共同体の中には、お互いにとってのいい菌を育てていく。実際、発酵食などはすべてそういう発想ですしね。衛生環境においても、共生やバランスといった考え方が大切なように思います。

稲葉さんが手がけた「おくすり手帳」。表紙は障害のある方々が描いたもの。医療とアートと福祉の結節点、居場所づくりを目指したプロジェクト。

「いのちの居場所」と ウェルビーイング。

廣岡 稲葉先生の書著も拝読させていただきました。地球は人類だけのものではないという考えが確信になりました。昨今の「ウェルビーイング」という考え方も、その視点、つまり「私」ではなく「わたしたち」という視点で考えなくてはいけないと感じています。

稲葉 僕も同じような印象を持っていました。今回の新型コロナウイルスによって、「ウイルス」というものが、みんなすごく身近になったんじゃないでしょうか。ウイルスって、だいたい10のマイナス7乗のサイズ。興味深いのは、人間の10の7乗が地球のサイズです。。つまり、ウイルスから見た人間と、人間から見た地球がちょうど同じ縮尺ということ。示唆的だと思いませんか。小さなウイルスのことについて意識することと、地球に対してリアリティを持つことは、同じことなんじゃないかなって。しかも、それぞれに対しての均衡がちょうど同時期に崩れてきている。僕らが小さいウイルスの存在に脅かされているってことと、地球が、このただの人間になにかバランスを脅かされているという異常事態は実はまったく同じことで、そこをどれだけ私たちが真剣に考えることができるか。このイマジネーションの力こそが、ウイルスと、同時に地球環境に対して立ち向かえる、僕らが唯一持っている力なのかなって。

廣岡 なにか、すべて同期しているように感じられますね。

稲葉 そしてウイルスや、自然環境の問題は、いろんな生きものの居場所がどんどん奪われていっていることに起因しているのではないか、と考えています。コロナも本来触れることのなかった自然にまで人間が入り込んだ結果とも言われているし、開発の結果、シカやイノシシが里に下りてきている現象にも見てとれる。そして私たち人間社会も同じで、おそらく知らないうちにさまざまな人の居場所を奪っているんじゃないかとも思うのです。ウイルスも地球環境も、実は「いのちの居場所」をめぐる問題、と僕は捉えています。

廣岡 「いのちの居場所」とウェルビーイングについての考え方もクリアになる気がします。

稲葉 廣岡さんがおっしゃったように「私の」ウェルビーイングではなく、「わたしたちの」ウェルビーイング。自分の居場所さえ確保していたらそれでいいというのはありえない。ほかの人や生き物の居場所を奪ったりして自分のウェルビーイングを確立していたとしたら、それは本当のウェルビーイングじゃないですよね、きっと。

『ハッピーエレファント 洗たくパウダー』。天然洗浄成分「ソホロ(SOFORO)」と食品成分のみでつくられた100パーセント天然由来の洗濯洗剤。
「ソホロ(SOFORO)」は、植物油と糖を栄養にして、天然酵母が発酵することによって生み出した界面活性成分。化粧品や食品成分としての安全性も満たしており、環境や肌にやさしい「未来の洗浄剤」 とも言われる。
いなば・としろう●1979年熊本県生まれ。医師、医学博士、東京大学医学部付属病院循環器内科助教(2014-20年)を経て、2020年4月より軽井沢病院総合診療科医長、2022年4月より軽井沢病院院長に就任。未来の医療と社会の創発のため、あらゆる分野との接点を探る対話を積極的に行っている。弊誌では「フィロソフィーとしての『いのち』」を連載中。
ひろおか・たつや●『サラヤ』広報宣伝統括部統括部長。『サラヤ』の社会貢献活動のほか、「ヤシノミ洗剤」「ラカントS」などのブランドを手がける。

photographs & text by Yuki Inui

記事は雑誌ソトコト2022年7月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。