青森県立美術館学芸員|奥脇嵩大さんの選書

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 青森県立美術館学芸員|奥脇嵩大さんの選書 1〜2

1. 分解の哲学─腐敗と発酵をめぐる思考


歴史学、文学、生態学から在野の実践知までを横断する、「食」を思考するための新しい哲学書。現実として存在する東北を分解しながら、東北をどう再構築し、まだ見ぬ芸術をあらわしていくのかを自覚させてくれました。



書籍情報


著者:藤原辰史
出版社:青土社
発売日:2019/6/25


2. 東北─つくられた異境


東北の近現代史の専門家である著者が、これまで東北がどう見られ、どう語られてきたのかを書いた本。東北という視点から、地域らしさとは何か、地域の中で自分が何をつくるべきかなどを教えてくれました。



書籍情報


著者:河西英通
出版社:中央公論新社
発売日:2001/4/1


▶ 青森県立美術館学芸員|奥脇崇大さんが選ぶ「地域を編集する本」
▶ 青森県立美術館学芸員|奥脇嵩大さんの選書 3〜5

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP