一級建築士事務所『ヨネダ設計舎』代表|米田雅樹さんの選書

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 一級建築士事務所『ヨネダ設計舎』代表|米田雅樹さんの選書 1〜2

1. 音と文明─音の環境学ことはじめ


森の音が、人間を含めた生物にどんな効果をもたらしているのか、人はどういう環境に住むと本能的に気持ちいいと感じるのか。そして、自分の命は何億年も前から継承されてきて今あるものだ、ということも意識させられた本です。


書籍情報


著者:大橋 力
出版社:岩波書店
発売日:2003/10/28


米田雅樹


2. よあけ


夜、湖のほとりにおじいさんと孫が眠っていて、夜明けが近づくとボートで漕ぎ出すという、それだけの情景を淡々と描いた絵本ですが、絵がとてもきれいで、描写も繊細で、改めて自分が生きていることに気づかせてくれます。


書籍情報


著者:ユリー・シュルヴィッツ著、瀬田貞二訳
出版社:福音館書店
発売日:1977/6/25


▶ 一級建築士事務所『ヨネダ設計舎』代表|米田雅樹さんが選んだ、ウェルビーイングを感じる5冊
▶ 一級建築士事務所『ヨネダ設計舎』代表|米田雅樹さんの選書 3〜5

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP