意外に知られてない?「海栗」海の栗で何て読む?【読めたらすごい漢字クイズ】

意外に知られてない?「海栗」海の栗で何て読む?【読めたらすごい漢字クイズ】

「海栗」なんと読む?

ヒント①:棘皮動物の総称
ヒント②:欧米ではほとんど食されていない

答え:うに

答えは「うに」でした!海栗のほかにも「海胆」、加工したものを「雲丹」と書くこともあります。海栗はウニ綱に属する棘皮動物の総称です。日本では、
・ばふんうに
・えぞばふんうに
・あかうに
・むらさきうに
がおもに食されているそう。
また中国や韓国、台湾などで食用とされていますが、欧米ではほとんど食されていないのだとか。

北海道の海栗

北海道は海栗の一大産地として知られています。北海道ではおもに「えぞばふんうに」と「むらさきうに」が漁獲されています。海栗は雑食のため、食べるものによって味が変わりますが、昆布の多い北海道の海栗の味は絶品なのだとか。寿司のネタなどの生食はもちろんですが、蒸す、焼く、煮るなど調理方法のバリエーションも豊かです。

うに・いくら丼

海栗といくらが乗った「うに・いくら丼」は北海道の郷土料理のひとつです。農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれており、新鮮な海栗とプチプチ食感のいくらのコラボレーションは地元民のみならず、多くの観光客も魅了しています。濃厚な海栗の味わいを楽しみたいときは「えぞばふんうに」、あっさりめで楽しみたいときは「むらさきうに」を選ぶと良いそうですよ。



今回は「海栗」をご紹介しました!

参考:家庭で味わう郷土料理百選(http://www.location-research.co.jp/kyoudoryouri100/recipe/)
参考:北海道ぎょれん(https://www.gyoren.or.jp/index.html)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP