さすがに読める?「若鷺」なんと読む…?【魚漢字クイズ】

さすがに読める?「若鷺」なんと読む…?【魚漢字クイズ】

2021.12.01

「若鷺」なんと読む?



答え:ワカサギ

答えは「ワカサギ」でした!若鷺はキュウリウオ目キュウリウオ科に属する魚です。若鷺のほかにも「鰙」、「公魚」などと書くこともあります。

北海道 網走湖の若鷺

網走湖で漁獲される若鷺は北海道イチ!若鷺は水温や塩分の適応範囲が広いこと、水の濁りに強いことから全国各地の川や湖で見ることができます。北海道では阿寒湖や洞爺湖、大沼などでも見られますが、実は網走湖、涛沸湖から若鷺の卵が移出されたものなのだそう。そのほか日本各地の湖や川にも移出されており、網走湖の若鷺は日本の本元とも言われているのだとか。網走湖のある網走市ではおもに若鷺の天ぷらや南蛮漬けに調理されるほか、佃煮やいかだ焼きに加工され食べられているそうです。



氷下ひき網漁業

網走湖の若鷺漁のピークは10月~11月と1月~3月ごろ。冬になり湖に氷が張るようになると、氷下ひき網漁業が行われます。氷下ひき網漁業とは、あらかじめ氷の下に這わせたロープ目掛け、凍った湖に穴を開けて網を結んで投入して漁獲する方法です。この漁で使用するのは船ではなく、スノーモービル。必要な道具は全てソリに乗せています。



今回は「若鷺」をご紹介しました!

参考:北海道(https://www.pref.hokkaido.lg.jp/)
参考:網走市(https://www.city.abashiri.hokkaido.jp/index.html)