『合同会社

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『合同会社 喜代七』代表|山元圭太さんの選書 1〜2

2022.03.14

(左から)1.『ネガティブ・ケイパビリティ─答えの出ない事態に耐える力』/2.『ワーク・シフト─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』

1. ネガティブ・ケイパビリティ─答えの出ない事態に耐える力

事実や理由をせっかちに求めず、不確実さや不思議さ、懐疑のなかにいられる能力、それがネガティブ・ケイパビリティ。“複雑系”の最たるものである地域で何かを始めるなら、ぜひ知っておいてほしい考え方です。

書籍情報
著者:帚木蓬生
出版社:朝日新聞出版

2. ワーク・シフト─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

Uターンした主人公が地域再生のためのプロジェクトに取り組む、というストーリーを小説仕立てで描いています。地方のリアルと成功のコツを物語に落とし込み、ローカルプロジェクトが直面しがちなリアルな問題が多く登場します。

書籍情報
著者:リンダ・グラットン著、池村千秋訳
出版社:プレジデント社

photographs by Yuichi Maruya text by Emiko Hida

記事は雑誌ソトコト2022年3月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。