生クリーム食パン専門店「ふんわり」がこだわりの生クリームを

生クリーム食パン専門店「ふんわり」がこだわりの生クリームを たっぷり挟んだ『マリトッツォ』発売

生クリーム食パン専門店「ふんわり」が、生食パンの生地、生食パンを作るために使用する生クリームをたっぷり挟んだ「ふんわり自家製マリトッツォ」を販売しました。


31
ふんわり自家製マリトッツォ

ふんわり自家製マリトッツォのこだわり


「ふんわり」のマリトッツォは、食パン専門店で提供している「ふんわり生食パン」の生地に、フルーツサンドや生食パンの材料としても使われている生クリームをふんわりと泡立てて、たっぷり挟んで作ります。生地には、厳選したブレンド小麦、北海道産生クリーム、国産練乳、純粋蜂蜜を使用し、素材の本来の甘さが活きる生地になっています。


生クリームは厳選した「北海道産生クリーム47%」のみを使用し、乳製品の豊かなコクと芳醇な乳製品の旨味が感じられます。生食パンの甘みとふんわりとした生地に、たっぷりの生クリームがマッチし、生クリームにとことんこだわった食パン専門店だからこそ提供できるマリトッツォです。


マリトッツォができたキッカケ


マリトッツォができるきっかけは店長のとある一言でした。


「今巷で人気のマリトッツォを「ふんわり生食パン」の生地で作れば、最高に美味しいマリトッツォが完成するのではないか?」


マリトッツォの人気がSNSで広がりつつあった昨年末、とある店舗で食べたマリトッツォに少しだけ不満がありました。生クリームは甘くて美味しいのに、それを包み込んだパンが美味しくない。自分たちのお店で、最高に美味しいマリトッツォを作れば、お客様に喜んで頂けるのでは?それから試行錯誤を繰り返し、販売開始まで4か月以上かかりようやく完成しました。他のマリトッツォとは違う、生地まで甘くてふわふわの「ふんわり自家製マリトッツォ」。どこよりも生地にこだわりどこよりもふんわりを追求した当店自慢の一品です。


生クリーム食パン専門店「ふんわり」について


生クリーム食パン専門店「ふんわり」は、日本初(※当社調べ)の「生クリーム食パン専門店」として、生クリームをメインコンセプトにした食パン専門店です。


生クリームは厳選した「北海道産生クリーム47%」のみを使用しており、生クリームが醸し出す乳製品本来の風味と極上のふんわり食感を楽しめます。「北海道産生クリーム47%」は乳脂肪分が47%の生クリームで、豊かなコクと芳醇な乳製品の旨味を実現しています。生クリームの他にも、国産の練乳や牛乳などの乳製品も使うことで、生クリームの良さをより高めています。生クリームの魅力がたっぷり詰まった「ふんわり」の食パンをぜひご賞味ください。


商品について


ふんわり自家製マリトッツォ:380円(税込)


~高級食パンの生地を使い、こだわりの生クリームをたっぷり挟みこんだ至極の逸品~


「ふんわり」の看板商品の「ふんわり生食パン」の生地をそのまま使用し、生クリームを惜しげもなく挟みこみました。生地の甘さと生クリームの甘さが絶妙にマッチした今までにない究極のマリトッツォが完成!ふわふわの生クリームとふわふわの生地が楽しめる一品に仕上がっています。


33
ふんわり自家製マリトッツォ

ふんわり自家製イチゴ マリトッツォ:480円(税込)


~いちごと生クリームのハーモニが生み出す極上の一時~


ふんわり特製マリトッツォに生クリームと相性がいいイチゴをトッピングしました。いちごのさわやかな甘酸っぱさが、生クリームともパン生地とも相性がよく、見た目もかわいらしい一品に仕上がっています。


34
ふんわり自家製イチゴ マリトッツォ

父の日ギフトにも「マリトッツォ」は選ばれています!


スイーツ系男子にも大人気の逸品なので、男性へのプレゼントとしてもおすすめです。


35
ふんわり自家製マリトッツォ

生クリーム食パン専門店「ふんわり」の6つ特徴


1. 日本初「生クリーム食パン専門店」として、生クリームをメインコンセプトにした食パン専門店 ※株式会社アルプス調べ
2. 北海道産生クリーム47%、国産練乳・牛乳を使った乳製品のおいしさがあふれる食パン
3. 安心安全で、保存料、着色料、乳化剤、香料不使用の食パン専門店
4. 生クリームから作られるクリームチーズをたっぷりと使った食パンもご用意
5. 店内の工房で毎日製造しています。
6. ふんわり生食パンを使用した「フルーツサンド」も大人気です。


店舗概要


店舗名     : 生クリーム食パン専門店 ふんわり 神戸西本店
所在地     : 〒651-2143 兵庫県神戸市西区丸塚2丁目9-18
定休日     : 不定休
営業時間    : 11時~18時 ※完売次第終了となります。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP