土の研究者|藤井一至さんの選書

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 土の研究者|藤井一至さんの選書 3〜5

2022.01.09

3. 土の科学 ─いのちを育むパワーの秘密

『広辞苑』の「土」の語義を書かれた先生が、土の基本を網羅的に書いた本です。土については小学校から高校まで学ぶ機会はなく、大学で土壌学を専攻して初めて学べるものですが、そんな土壌学を平易に解説しています。

書籍情報
著者:久馬一剛
出版社:PHP研究所
発売日:2010/6/19

4. 日本の米

田んぼをつくる土木工事には人々の協力が不可欠で、そのために集落が生まれ、国家が形成されました。日本の文化や環境は米づくりによってつくられた面が大きいと指摘しています。日本の米づくりが苦境に立つ今、読みたい一冊。

書籍情報
著者:富山和子
出版社:中央公論新社
発売日:1993/10/1

5. 土になる

「土って何だろう?」という疑問に、著者独自の視点で答えているエッセイ。スプーン1杯に100億もの微生物が生きている土を人が制御するのは無理。だから、「土に教わろう」という姿勢が大切だとこの本から教わりました。

書籍情報
著者:坂口恭平
出版社:文藝春秋
発売日:2021/9/14

photographs by Yuichi Maruya text by Kentaro Matsui

記事は雑誌ソトコト2022年1月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。